ファッション関係のお仕事です。只今英語勉強中☆


by banbi_y

TOEIC受けてきました

11月27日、約1年ぶりにTOEIC受けてきました。

受験会場は前回と同じ、十日市場駅からバスで少しいった、
東洋英和大学にて。
たいてい、TOEICって不便な場所であるので、
行った事のある場所だと少し安心ですね^^

受付は11:30~12:20。
やや早めに到着していたので、受付をしてもらってからは、
芝生の前のベンチで、陽だまりの中でおにぎりとお茶で時間待ち。
お天気も良く、風もなくて暖かい日だったのでピクニック気分(笑)。
とはいえ、念のために持ってきた問題集や単語集など眺めたり。

さて、肝心の試験ですが.....。

ご存知の通り、TOEICはヒアリング(part1~4)45分と、
リーディング(part5~7)75分とに分かれています。
途中休憩無し。

まずはヒアリングですが、途中、ページを間違えているアクシデーント!
問題用紙って、封を切ってから始めるのですが、
その端が軽く付いていて、次の次のページを開けてたようで(汗)。

次の問題の番号が、たまたま次のページ数と同じだったので、
(18番、という問題だと思って開けた時、下の方に18ページとふられていた)
なんとなくそのまま解きだしてしまったのですねーー。
2,3問やって、すぐに気づいたけれど、焦った~~~。
ヒアリングは容赦なく問題を読み上げるテープが進むので、キャーッ! です。

そしてリーディング.....
時間配分なんて気が回るはずもなく.....気づけば残り30分!
part7を30分で解くなんて無理ーー。
なので、もう、とにかくマークシートを埋めて、
それから設問を見ただけで分かるような問題などを冷静に見直し。
(例えば、売り上げの図表を見て、「どの商品が一番売り上げが高いですか?」
みたいな、英語とは関係ないような問題/笑)

で、気づいたんですけれど.....
ひょっとして、part7って、そんなに難問じゃない??!
いえ、長文なので、もちろん全部すらすら読めないし理解出来ないけれど、
それでも...時間かけられれば、単語が分かれば、思ったよりも解けるのかも?

よくテクニックとして言われるように、
part5、6の短文・長文の穴埋め問題を、いかに早く解くかが鍵ですね。
もう本当に実感!!

はぁーー。なので、手ごたえとしては、前回とそう変わらないかな..?

英語学習の目標は、けしてTOEICではないのですけれど、
時々、こういう絶対的に客観的な試験を受けると、
ちょっと喝を入れてもらえるので、いいですね!

帰りにAERA ENGLISHを買ってきたので、単語力アップに力を入れたり、
インタビュー記事など自分で辞書をひいて読んだりして、
しばらくは楽しんで英語に触れていこうと思います^^

次は半年後くらいに受けようかな。
[PR]
by banbi_y | 2011-11-28 14:36 | 英語