ファッション関係のお仕事です。只今英語勉強中☆


by banbi_y

シラノ・ド・ベルジュラック グリーンホール相模大野

d0168504_23142790.jpg


少し前になるのですが(2月21日(月))
市川右近、安寿ミラ主演の、「シラノ・ド・ベルジュラック」を観に行ってきました。

これは、当日になって、小林十市さんのblogで知り、
当日券あるかな?!と思って急遽出かけた舞台です。
19時開演の舞台でしたが、当日券の発行は17時から。
おおよそ、10~15席くらいはあったかな?
座席表を見せてくれて、その中から選べました。
小ホールだったので、端だけれど、なかなか良い席が取れてラッキー☆

ほとんどストーリィも何も知らなかったのですが(笑)、
ざっくりと説明しますと....

17世紀のフランスの軍人、シラノ(市川右近)は、自分の醜い鼻の為に、
愛しいロクサァヌ(安寿ミラ)に自分の思いを打ち明ける事が出来ない。
そんな時ロクサァヌに、美男子クリスチャン(小林十市)との仲を取り持って欲しいと
頼まれる。
クリスチャンは美男だが、あまり気の利いた言葉を言えない。
そんなクリスチャンに、恋の甘い言葉を教え、自分の身代わりのように、
ロクサァヌとの愛を育ませる....。

7人の出演者で50人を演じわけ、
途中生演奏でバイオリンとアコーディオンの流れる舞台。

市川右近は、拍子木とともに歌舞伎風に現れたり、
安寿ミラに「だから宝塚の女は嫌なんだよ」なんて言葉を浴びせたり、
小林十市にボレロのさわりを踊らせたり、
ちょっと遊んだ演出のお芝居でした^^

深沢敦も最強な存在感だったなーーー。
安寿ミラもとっても美しかったです!
小林十市もかっこよかった!!

あー、しかし、最終的にシラノが切ないーーーーーーー。
思いは最後に伝わったのが幸せなのか。

なんとも禁欲的なお話でした。
[PR]
by banbi_y | 2011-03-08 23:32 | 本、映画、音楽、舞台