ファッション関係のお仕事です。只今英語勉強中☆


by banbi_y

コーラスライン 劇団四季

久しぶりに舞台を観に行きました。
グリーンホール相模大野に劇団四季が来る!と駅ポスターで見てビックリ。

ミュージカルは、実はヒソカに好きなんですけど、
とはいってもそんなに観てないですけど、劇団四季は初めて。
近くのホールに来るなんて、それはチャーンス☆
幸い、1階10列目ど真ん中の素晴らしい席をゲット出来ました!



有名すぎるミュージカルですが、あんまりストーリーは知らなくて。
(たいていのミュージカルや、有名な作品って、意外とそうですよね)
かいつまんで紹介すると...。

有名演出家のミュージカルのバックダンサーのオーディション風景。
バレエやタップダンスのオーディションで落とされ、絞られて残ったメンバーに、
演出家は言う。
「履歴書に載っていない、君たち自身の話をしてくれ。
演技はいらない、ありのままの自分を見せてほしい」

ダンスを始めたきっかけ、不幸せな家庭環境、ジェンダーを越えた悩み、
思春期の目覚め...話したくない自分の内面をさらけ出していく。

それぞれのソロあり、それが二重奏になり、全員でのコーラスになり..。
ミュージカルの宿命として、歌詞がストレートじゃないですか。
スコンと入ってくるのですね。歌っていいなーーーと思いました。

個人的に好きだったエピソードは、
田舎から出てきた女の子がオーディションに落ちまくっていて、
ある日ふと自分の採点表を見て、「ダンス10、ルックス3」とあるのを見る。
いくらダンスが10でも、やっぱりルックスって大事なのよ!!
と、整形して胸とお尻にシリコン入れたら、仕事が増えたわ!って話(笑)。
演出家の元恋人の、落ち目スター女優のエピソードは、
(君はこんなコーラスなんか今さらやる器じゃない!っていう)
ソロが長く感じられてしまい、ちょいと飽きちゃいました(エラソー)。

しかしながら、舞台って、やっぱり引き込まれますね。
また観に行きたいなっ。

ところで、名古屋の「オペラ座の怪人」は、いよいよ1月が千秋楽なのですね。
早く関東に来てほしいなーーーーー。
[PR]
by banbi_y | 2010-09-18 00:16 | 本、映画、音楽、舞台